長崎チャンポン

    次のステップ

    美味しいラーメンを作るのはもちろんのこと。有名店で修業するなり、チェーン店で修業するなりある程度の技術を身につ...

    Readmore
    ラーメンののぼり

    成功するためには

    ラーメンはとても人気がある食品ということもあり、飲食業で成功しやすいとされています。独立して開業するということ...

    Readmore
    ラーメン屋台の提灯

    お店を開くには

    最近美味しいラーメン店がよくテレビで取り上げられたり、雑誌などで紹介されることによってブームとなっている昨今。...

    Readmore
客層とメニューを判断する

卵入り豚骨ラーメン

今ではラーメンは国民食と呼ばれるほど人気が高く、日本中どこへ行ってもお店があります。
過剰ともいえる状況の中で新たに独立開業して成功させるためには、他のお店にはない独自の味をお客に提供する必要があります。
一般的にラーメン店は、調理技術が短期間で修得でき、初期投資も他の飲食店に比べると少なくてすむと言われています。
そのため独立開業を目指す人が多い業界でもあります。
それだけにお客の舌と心を掴むのは難しいのです。
開業するには、まずお店のイメージを明確化する必要があります。
どのような客層をターゲットにして、どのような商品を提供していくかを決めるのです。
これが曖昧だとお店作りにも影響してきます。
例えば若者や学生を対象にした店作りをするのか、それとも仕事帰りのサラリーマンを対象にするのかによって、立地条件も店作りも変わってくるのです。
最近人気になっているつけ麺系なのか、豚骨系なのかなど素材によっても売り方のスタイルが変わってきます。

フランチャイズか独立店舗か

また、経営形態も明確にする必要があります。
一国一城の主として独立店にするのか、それともフランチャイズ・チェーンに加盟するのか、それによって経営の方法も変わってきます。
フランチャイズ方式のメリットは、全国的に名前が知られているので宣伝費をかけなくても集客が見込めるという点です。
ただし色々な制約があって、商品や材料の仕入れは本部を通さなくてはならないなどの義務があります。
またフランチャイズの加盟料金が必要になります。
毎月の売上の2パーセントから3パーセントを納入する義務もあります。
全くの素人がラーメン店を始める場合には、経営ノウハウがすでに確立しているので失敗するリスクは小さくなります。
ただしフランチャイズ加盟店としての縛りがあるので、不自由さがあります。
これに対して個人で独立したラーメン店を開業する場合は、自分の好きなように営業できます。
メニューも材料の仕入れも全て自分で考えて殺る必要があるのです。
この場合は、ある程度他店で修業して、経営ノウハウを身につけた人に向いている方法です。

オススメリンク

長崎チャンポン

次のステップ

美味しいラーメンを作るのはもちろんのこと。有名店で修業するなり、チェーン店で修業するなりある程度の技術を身につ…
Read more
ラーメン屋台の提灯

お店を開くには

最近美味しいラーメン店がよくテレビで取り上げられたり、雑誌などで紹介されることによってブームとなっている昨今。…
Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031